FC2ブログ
真夜中の国道沿い
日々の生活の事や、出会った素敵な音楽や小説について書きます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Greensleevesはクリスマスソングなの??
Christmas Compilation 2


昨日ちょっとクリスマスソングが必要だったので、A Very Special Christmas, Vol. 2というクリスマスソングコンピを借りてきました。
BGMとして流していると、小さい頃から大好きなグリーンスリーブスのメロディーが・・・。
あの曲ってクリスマスソングだったの!?

と、疑問に思ったので少し調べてみました。
グリーンスリーブス自体はイングランドの最も古い民謡のようです。
エリザベス朝時代(16世紀後半頃)によく歌われていたもので、グリーンスリーブスというのは女性の名前として用いられているようです。
緑色には「不倫」という意味があることから、当時のヘンリ8世による女性遍歴を揶揄(やゆ)した曲であるとの解釈もあるとか。
その後、1865年頃にイギリスの詩人ウィリアム・チャタトンディックスが発表した詩集『The Manger Throne』の中の詩があてられて、賛美歌として歌われるようになったのが、クリスマスキャロル「What child is this」なのだそうです。

なんにせよ小さい頃から本当に大好きな曲。
哀愁をたっぷり含んだメロディーと、ヴァネッサ・ウィリアムスの美声の虜になってしまい、ずっとリピートしています。


参考URL:http://www.worldfolksong.com/songbook/others/greensleeves.htm
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 真夜中の国道沿い. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。